老眼治療

老眼治療Q&A

老眼について

近視の人は老眼にならないというのは本当ですか?

近視の方も例外ではなく、誰でも調節力(近くに焦点を合わせるための力)は低下します。ただ、もともと近視の方は裸眼の状態だと目のピントが近くに合っているので、 調節力の低下に気づきにくいのです。眼鏡やコンタクトレンズで目を正視の状態に矯正していれば、45歳前後から調節力の低下が感じられます。

遠視と老眼は同じですか?

「遠くよりも近くが見えにくい」 ということで混同されがちですが、 原因が異なります。
遠視の目は網膜の後ろで結ばれる焦点を、調節によって網膜上に引き寄せて見ています。したがって遠くを見る時は調節力が必要で、近くを見る時にはさらに調節力を必要とします。遠視の度数がある程度あると調節力が追いつかず、近くが見えにくくなります。それに対して、老眼は調節力が低下して焦点が合わせにくくなった状態です。

老眼は一生進行しますか?

子どもの頃をピークに調節力は年々減少し、45歳前後までは本や新聞を読むなどの生活上で不便を感じない程度の調節力がありますが、平均すると60歳前後で目の調節力はほとんど失われます。つまり60歳前後まで、老眼は進行します。

老眼治療について

いろいろな老眼治療がありますが、どれが一番効果が高いですか?

みなとみらいアイクリニックでは様々な老眼治療を導入していますが、どれが一番と決めるのは難しいです。患者さまの目の状態やライフスタイルなどによって、適した治療方法が異なるからです。

どの治療方法が自分に合っているかわかりません。

まず適応検査で患者さまの目を詳しく検査し、その結果を元に最適と思われる治療方法をご提案させていただいています。最後に資料等お渡し致しますので、ご自宅で手術を受けられるかゆっくりとお考え下さい。

老眼が進んだ場合は効果がなくなりますか?

その方の手術を受けられた時の年齢や、治療方法によって異なります。検査の際に、今後の状況を含めてご説明致します。