後房型フェイキックIOL

”断面図”後房型フェイキックIOLは、虹彩と水晶体の間にある後房という場所に挿入するレンズです。
みなとみらいアイクリニックでは、アメリカのStaar Surgical社製のICLを使用しており、近視、遠視、乱視を矯正することができます。レンズはメンテンナンスフリーで、将来的にレンズの劣化等による交換も必要ありません。ICLは、1997年にCEマーク(欧州安全規格)取得、2005年にアメリカのFDAが認可、2010年2月に日本の厚生労働省が認可しています(乱視用は2011年に認可)。

ICLの材質はコラーゲンとハイドロキシエチルメタクリレート(HEMA)の共重合体です。レンズが柔らかいので、わずか3.2mmの切開面から折りたたんで眼内に挿入することができ、両眼同日に手術可能です。

2013年より、レンズの中心に0.36mmの小さな穴が開いたホールICLを導入しました。いままでのICLより眼の中の水の流れをよくする効果があり、ICL手術前の虹彩切開術(LI)が不要になりました。

”ICL” ”術後写真”
”手術方法”

後房型フェイキックIOLのメリットとデメリット

メリット

  • 近視に対して角膜の厚さが薄かったり、強度近視や円錐角膜があってレーシックが不適応になってしまった方でも、近視・遠視・乱視の矯正ができます。
  • レーシックのように角膜を削らないので、レーシックより見え方の質が高くなります。

デメリット

  • 手術後の目の状態によっては、レンズのサイズを交換する場合があります。
  • ごくまれに白内障を誘発することがあり、状況によってはレンズを摘出し、前房型のフェイキックIOLに交換したり、白内障の手術をすることがあります。
  • 将来、白内障の手術をする際はレンズを取り外す必要があります。