角膜移植とは

角膜移植イメージ角膜には、透明なレンズとしての役割や、眼球の壁としての役割があります。この働きがそこなわれ、他の治療方法では治すことができない場合に角膜移植の適応となります。 角膜移植が必要となる原因疾患としては、円錐角膜、角膜混濁、水泡性角膜症、角膜ジストロフィーなどがあげられます。

トレパンという器具で角膜を円形に打ちぬいて移植を行うのが主流ですが、みなとみらいアイクリニックでは、レーシックでフラップ作成時に使用するイントラレースレーザーで角膜を切開しています。レーザーの場合、ドナーの角膜と患者さまの角膜を同じ形状でカットすることができます。断面をジグザグの形状にカットして、接着を強くすることも可能になります。

手術は日帰りで行い、入院の必要はありません。海外のアイバンクより角膜を輸入するため、みなとみらいアイクリニックの手術日であれば、手術を受ける日を事前に決めておくことができます。手術前の準備や手術後の休憩時間を含めると約3時間半前後で終了します。

手術直後は角膜がむくんだりしわが出来ることが多く、矯正視力が出づらい傾向があります。手術後数ヶ月間はぶつけないように、また感染症が起きないように気をつけて生活していただくことが一番大事で、移植した角膜が目になじむに従って、少しずつ視力が改善します。角膜は非常に細い糸で縫い合わせますが、縫った影響で強めの乱視が出現することがあり、そのような場合には時期をみて糸を調節して乱視の矯正をしたり、角膜の形状が落ち着けばレーシックやフェイキックIOLで近視とともに矯正することも可能です。

手術後は身体が移植された角膜を排除しようとする拒絶反応が起こる場合があり、しばらく定期的な検査と点眼治療が大切です。必ず医師の指示通りにご協力ください。

手術後の経過の一例

”角膜移植手術後の経過の一例”