円錐角膜とは

円錐角膜は主に10代から20代前半に発症し、角膜が前方へ円錐状に突出化する進行性の病気です。進行のペースは人により様々で、何年もかけて進行するのが通常ですが、数ヶ月の間に進行する場合もあります。多くは30歳前後で進行が止まりますが、まれに40代50代になって急激に進行するケースもみられます。

円錐角膜は初期の段階では診断がつきにくく、乱視と診断されることもよくあります。円錐角膜が進行すると角膜形状の歪みが大きくなるため、不正乱視の発起、メガネ・コンタクトレンズでの矯正視力の低下、ハードコンタクトレンズ装用時の痛みなどを感じるようになります。
強度の近視や乱視を伴うことが多いのも特徴ですが、レーシック等のレーザー手術で角膜を削って屈折を矯正すると、角膜の強度が低下して円錐角膜の進行を増長させてしまうために、レーザーによる屈折矯正手術はいずれも禁忌となります。

”円錐角膜の角膜形状”