レーシック

レーシックとは

レーシックとは、眼の表面にある角膜をエキシマレーザーで削り、角膜の形状を変えることによって近視・遠視・乱視を矯正する屈折矯正手術です。レーザーで角膜を削る前に、フラップとよばれる蓋のようなものを角膜の表面に作っておくので、手術後の傷を保護することができます。そのため、痛みが少なく視力の回復が早いのが特徴です。

レーシックにはいろいろな種類があり、みなとみらいアイクリニックで行っているのは、 アイデザイン®アイレーシック®(iDesign® iLASIK®)、 イントラレーシック(IntraLASIK)、モノビジョンレーシックです。角膜の変化

手術方法
手術方法1

ベッドに横たわり、麻酔薬を点眼します。

手術方法2

イントラレースレーザーを角膜に照射してフラップを作成します。レーザー照射時間は片眼約15秒です。

手術方法3

フラップをめくります。

手術方法4

エキシマレーザーを照射して角膜を削ります。照射時間は矯正度数によって異なりますが、およそ1分以内で終了します。

手術方法5

フラップを戻し、角膜をきれいに整えて自然に定着させます。

手術方法6

診察後、回復室で10分ほど休憩を取って終了です。