レーシック

イントラレーシック(Intra LASIK)

イントラレーシック(IntraLASIK)は、スタンダードタイプのレーシックです。アイデザイン®アイレーシック®(iDesign®iLASIK®)との大きな違いは、高次収差(微細な光のゆがみ)を解析することができるiDesign®システムを使用していない点です。みなとみらいアイクリニックでは、iDesign®でデータ測定ができない目の場合に、このイントラレーシックを選択しています。

角膜にフラップをつくる

Intralase® iFS

Intralase FS 60イントラレースフェムトセカンドレーザーは、数千個のレーザーパルスを並列させて角膜内に切除面を形成します。フラップの大きさや厚さなどがコンピューター制御でき、非常に安全に理想的な形状のフラップを作成することができます。
みなとみらいアイクリニックで使用しているイントラレースフェムトセカンドレーザーは、最新機種である ”iFS” です。

角膜にレーザーを照射する

VISX STAR S4 IR® エキシマレーザーシステム

VISX STAR IR エキシマレーザーシステム自動センタリング機能であるActive Trak 3Dアイトラッキングを備えています。手術前の検査で得たデータを元に角膜を削り、近視・遠視・乱視を矯正します。
(IntraLASIKでは虹彩紋理認識システムIRは使えません)

イントラレーシックのメリットとデメリット

メリット

  • アイデザイン®アイレーシック®より、僅かに角膜を削る量が少なくなります。

デメリット

  • 高次収差(微細な光の歪み)を矯正できないので、アイデザイン®アイレーシック®に比べると多少見え方がすっきりしないなど、見え方の質が下がります。
  • アイデザイン®アイレーシック®に比べるとハロやグレアが出やすい傾向があります。