レーシック

カスタムPRK(ピーアルーケー)

レーシックは、通常の生活では問題ありませんが、直接眼に衝撃が加わる可能性があるスポーツ(ボクシング・格闘技など)をされる場合は、フラップがずれてしまう可能性があります。 PRKとは、レーシックのようにフラップを作成せず、角膜の表面にある角膜上皮をレーザーやブラシで取り除いた後にエキシマレーザーを照射し、近視・遠視・乱視を矯正する手術方法で、角膜の強度がレーシックより強くなります。

手術中に取り除いた角膜上皮が再生するまでは、痛みがでたり見えにくい状態が続きます。痛みをやわらげ上皮の治りを助けるために、数日間ソフトコンタクトレンズを装用します。手術後1〜2週間は視力が安定しないので、通常は片眼ずつ手術を行いますが、ご希望があれば両眼同日に受けることも可能です。

カスタムPRKは、アイデザイン®アイレーシック®(iDesign®iLASIK®)と同じレーザー照射プログラムを使用する、オーダーメイド式のPRKです。”手術方法”

カスタムPRKのメリットとデメリット

メリット

  • 角膜フラップを作らないため、目に衝撃が加わってもフラップのズレやしわが生じることがありません。

デメリット

  • 取り除いた角膜上皮が再生するまでの1週間前後は、痛みがでる場合があります。
  • 角膜上皮が再生して安定するまではすっきり見えません。
  • 角膜上皮が再生する際に、ヘイズという濁りを伴う場合があります。