ICRS(角膜内リング)

ICRS手術前手術後ICRS(角膜内リング)は、もともと−3.00D前後までの軽度近視を治療するために使われていましたが、その技術を応用することで円錐角膜の治療にも役立つことがわかり、現在は主に円錐角膜の治療方法として使われています。 半円弧状の2つのリングを角膜内に挿入すると、角膜の形状を矯正する骨組みとして働き、角膜の強度も増加するので、円錐角膜の進行を抑えたり遅らせる手段として、とても有効的です。

手術後は角膜形状がある程度整えられるので、ハードコンタクトレンズが装用できるようになったり、または装用時間が伸びたり、メガネの矯正視力が上がる効果が期待できます。ただし、角膜形状は手術後3〜6ヵ月かけて徐々に変化・安定するため、それにともなって少しずつ改善していきます。レーシックのように手術直後から視力が大幅に改善するわけではなく、もともとある程度以上の近視や乱視がある方は、手術後の裸眼視力自体はあまり改善しません。

みなとみらいアイクリニックでは、Intacs、IntacsSK、フェラーラと3種類のデザインやサイズが異なるICRSを導入し、より円錐角膜の程度に合わせた治療を行なっています。

”図1”

治療効果の目安

円錐角膜の程度は個人差が大きいため、ICRS手術後の効果もその方によって異なりますが、大きな目安としては下記のようになります。

  • 円錐角膜の程度が軽度の方
    • ハードコンタクトレンズ装用時の矯正視力の向上
    • メガネ装用時の矯正視力の向上
  • 円錐角膜の程度が中等度の方
    • ハードコンタクトレンズ装用時の矯正視力の向上
    • メガネ装用時の矯正視力の向上
    • ハードコンタクトレンズの装用時間の延長
  • 円錐角膜の程度が重度の方
    • ハードコンタクトレンズの装用不可から装用可能へ
    • メガネ装用時の矯正視力の向上
”手術方法”

フェイキックIOLとの組み合わせ

ICRSとフェイキックIOLの組み合わせICRSの手術後に角膜の形状が安定した後も、ほとんどの方が近視や乱視があるためにハードコンタクトレンズやメガネが必要になりますが、フェイキックIOLという眼内レンズの手術を追加することで、目安としてメガネでの矯正視力ぐらいまで裸眼で見えるようになります。”ICRS手術後の経過の一例”