円錐角膜治療

ICRS(角膜内リング)

ICRS手術前手術後ICRS(角膜内リング)は、もともと−3.00D前後までの軽度近視を治療するために使われていましたが、その技術を応用することで円錐角膜の治療にも役立つことがわかり、現在は主に円錐角膜の治療方法として使われています。 半円弧状の2つのリングを角膜内に挿入すると、角膜の形状を矯正する骨組みとして働き、角膜の強度も増加するので、円錐角膜の進行を抑えたり遅らせる手段としても効果があります。

手術後は角膜形状がある程度整えられるので、ハードコンタクトレンズが装用できるようになったり、または装用時間が伸びたり、メガネの矯正視力が上がる効果が期待できます。ただし、角膜形状は手術後3〜6ヵ月かけて徐々に変化・安定するため、それにともなって少しずつ改善していきます。レーシックのように手術直後から視力が大幅に改善するわけではなく、もともとある程度以上の近視や乱視がある方は、手術後の裸眼視力自体はあまり改善しません。

みなとみらいアイクリニックでは、Intacs、IntacsSK、フェラーラリングと3種類のデザインやサイズが異なるICRSを導入し、より円錐角膜の程度に合わせた治療を行なっています。Intacsは円錐角膜治療用として2003年にすべてのEU加盟国の基準を満たす商品に付けられるCEマークを取得、2004年にFDA:米国食品医薬品局(日本の厚生労働省に該当) の認可を得ています。IntacsSKは2007年にCEマークを取得、フェラーラリングもCEマークを取得しています。

図1

治療効果の目安

円錐角膜の程度は個人差が大きいため、ICRS手術後の効果もその方によって異なりますが、大きな目安としては下記のようになります。

  • 円錐角膜の程度が軽度の方
    • ハードコンタクトレンズ装用時の矯正視力の向上
    • メガネ装用時の矯正視力の向上
  • 円錐角膜の程度が中等度の方
    • ハードコンタクトレンズ装用時の矯正視力の向上
    • メガネ装用時の矯正視力の向上
    • ハードコンタクトレンズの装用時間の延長
  • 円錐角膜の程度が重度の方
    • ハードコンタクトレンズの装用不可から装用可能へ
    • メガネ装用時の矯正視力の向上
手術方法

手術時間は約10~15分です。

手術方法1

ベッドに横たわり、麻酔薬を点眼します。

手術方法2

イントラレースレーザーで、角膜の中にトンネルを作成します。レーザー照射時間は約10秒です。

手術方法3

リングの入り口を作るために、レーザーでトンネルを1ヶ所切開します。

手術方法4

切開面よりリングをトンネル内に挿入します。


手術方法5

2本のリングを挿入した後、切開面を1針縫います。

手術方法6

保護用ソフトコンタクトレンズをのせたあと、10分ほど休憩して終了です。

ICRS(角膜内リング)のメリットとデメリット

メリット

  • リングの角膜形状矯正効果により、ハードコンタクトレンズの装用時間の延長や矯正視力があがる可能性があります

デメリット

  • 夜間や暗い場所で、光がにじんで見えたり、まぶしかったり、明るい場所に比べて視力の低下を感じることがあります
  • 挿入したリングで十分な効果が得られない場合や痛みが発生した場合、リングを取り除いたりサイズ違いのリングに入れ替えることがあります

ICRS(角膜内リング)の適応と禁忌

適応条件

  • リング挿入部の角膜の厚みが400μm以上あること
  • 医師の説明を理解していること

禁忌 (下記にあてあまる場合は手術の適応外になります)

  • リング挿入部の角膜の厚みが400μm未満
  • 眼の病気(角膜ヘルペス、白内障、網膜疾患など)がある
  • 妊娠中、授乳中
  • 医師の説明が理解できない
  • 屈折矯正手術が許されない特殊職業

フェイキックIOLとの組み合わせ

ICRSとフェイキックIOLの組み合わせICRSの手術後に角膜の形状が安定した後も、ほとんどの方が近視や乱視があるためにハードコンタクトレンズやメガネが必要になりますが、フェイキックIOLという眼内レンズの手術を追加することで、目安としてメガネでの矯正視力ぐらいまで裸眼で見えるようになります。ICRS手術後の経過の一例