角膜クロスリンキング

角膜クロスリンキングとは、ドイツのSeilerらが開発した手術方法です。角膜にリボフラビン(ビタミンB2)を点眼しながら365nmの波長の紫外線を角膜に照射すると、角膜の大部分を占める実質コラーゲン繊維が架橋(クロスリンキング)されます。これにより角膜の強度が強くなり、今の角膜形状を保持して円錐角膜や角膜拡張症(エクタジア)の進行を抑えることができます。また、角膜が若干平坦化するので、近視も少し矯正できる場合があります。研究結果に基づき、角膜内皮細胞より眼内の組織にはほとんど影響がない安全な紫外線の強さと照射時間で手術を行います。

この手術は、 ICRS(角膜リング)挿入後の角膜に対しての形状保持にも適しています。

”図1” ”図2” ”手術方法”