前房型フェイキックIOL

”断面図”前房型フェイキックIOLは、角膜と虹彩の間にある前房という場所に挿入し、虹彩に固定して使うレンズです。みなとみらいアイクリニックで使用している前房型レンズは、オランダのOphtec社製で、 アルチフレックス(Artiflex)と アルチザン(Artisan)の2種類のレンズがあります。 アルチフレックスは近視と乱視、アルチザンは近視、遠視、乱視を矯正することができます。

レンズはメンテンナンスフリーで、将来的にレンズの劣化等による交換も必要ありません。ヨーロッパでは1986年から前房型フェイキックIOLの手術が行われており、アメリカで2004年9月に日本の厚生労働省にあたるFDAの認可を得ています。

”Artiflex” ”術後写真”柔らかいシリコーン製なので、わずか3.2mmの切開面から折りたたんで眼内に挿入することができます。手術後の視力の回復が早いため、現在主流のレンズです。両眼同日に手術可能です。
”Artisan” ”術後写真”ポリメチルメタクリレート(PMMA)製のハードコンタクトレンズのような硬さのレンズです。レンズの縦幅分の6mm弱ほどを切開して眼内に挿入するため、切開面を数針縫う必要があります。縫合した影響で一時的に乱視が増加することがありますが、手術後約2週間で抜糸を行うとほぼ改善します。度数の製造範囲が広く、アルチフレックスで対応できない強度の近視や遠視の目の場合に、このレンズを選択しています。
”手術方法”

前房型フェイキックIOLのメリットとデメリット

メリット

  • 近視に対して角膜の厚さが薄かったり、強度近視や円錐角膜があってレーシックが不適応になってしまった方でも、近視・遠視・乱視の矯正ができます。
  • レーシックのように角膜を削らないため、レーシックより見え方の質が高くなります。
  • 万が一レンズが合わなかった場合、レンズの種類を交換したり、レンズを外すことで手術前の状態に戻すことができます。

デメリット

  • ごくまれに角膜内皮細胞が通常の減少ペースより多く減ってしまうことがあり、状況によってはレンズを摘出し、後房型のフェイキックIOLに交換する可能性があります。
  • 目に強い衝撃を受けるとレンズが虹彩から外れてしまうことがあります。
  • 将来、白内障の手術をする際はレンズを取り外す必要があります。