フェイキックIOL Q&A

フェイキックIOLについて

手術を受けるとどれくらい視力が回復しますか?

再検査時のメガネでの矯正視力の値が目安ですが、多少前後することがあります。

手術後、すぐ見えるようになりますか?

手術当日は、多少の炎症や手術中に使用した薬剤の影響でぼんやり見えています。数日から1週間ほどで見やすくなってきますが、自然な見え方になるまでに一般的に3ヶ月ほどかかります。

視力はどれぐらい持続しますか?

フェイキックIOLの手術を受けられても、生理的に近視や乱視が進むことは止められません。手術に関係なく視力が若干下がる可能性がありますが、手術を受ける前ほど下がることはありません。

痛みはありますか?

手術中は麻酔をしているので痛みを感じることはほとんどありませんが、目を大きく開くために違和感があったり、目を触られたり押されたりする感覚は残ります。手術後は麻酔が切れると、軽い痛みや異物感を感じる方がいらっしゃいます。痛みの程度には個人差がありますが、心配されるような痛みはほとんどありません。

乱視は治りますか?

前房型、後房型ともに乱視用レンズがありますので、乱視も矯正することができます。

老眼も治りますか?

現在、多焦点のフェイキックIOLがないため、残念ながら老眼を治すことはできません。

レンズのお手入れや定期的な交換は必要ですか?

フェイキックIOLはコンタクトレンズとは違い外気に触れることがないので、汚れがあまり付着せず、お手入れをする必要はありません。また、フェイキックIOLは耐久性や生体適合性が良い材質でできていますので、今後交換する必要もありません。

手術時間はどれくらいですか?

片眼につき15分前後です。手術前の準備や、手術後の休憩を含めると前房型で約3時間、後房型で約3時間半かかります。

フェイキックIOLの安全性について

合併症にはどのようなものがありますか?

基本的に白内障の手術と同様に安全な手術です。合併症の可能性はゼロではありませんが、ほとんどの症状が時間の経過とともに改善します。
前房型・後房型共通
■異物感・しみる感じ・痛み
手術当日は感じる場合がありますが、ほとんどは翌日から数日のうちになくなります。
■ぼやける・見えにくい
手術直後はかすみがかかったようにぼやけたり、見えにくいことがありますが、徐々に改善します。
■白目の出血 (球結膜下出血)
手術で切開した箇所が内出血で赤くなってしまう場合がありますが、1~2週間で自然に消失します。
■眼圧の上昇
手術中に使用した薬剤の影響で、一時的に眼圧が高くなる場合があります。程度によってお薬を追加したり、処置を行う場合があります。
■夜間の見え方・にじみ
光がにじんで見えたり、まぶしかったり、また、暗所での瞳孔の開きが大きい方は、明るい場所に比べて暗い場所 (夜間) で視力の低下を感じることがあります。
前房型…ごくまれに発生するものとして、レンズの固定位置のずれ、レンズへの細胞の付着、角膜内皮細胞の減少などがあります。
後房型…ごくまれに発生するものとして、レンズの位置ずれ、白内障の誘発などがあります。

感染症の心配はありませんか?

手術室は、空気中の粒子濃度を指定された清浄度クラスに合致するよう制御された、クリーンルームになっています。清浄度を保つために、細かい粒子を捕集する高性能フィルター (HEPAフィルター) を用いて除塵・除菌を行なっています。みなとみらいアイクリニックでは定期的に洗浄度を調べ、クリーン度の維持に務めており、1999年の開院以来現在までに感染症の発症は1例もありません。
レンズを挿入するために切開した部分が治癒するまでに細菌が侵入し、感染を起こす場合がありますので、手術後1〜2週間は汚れた手などで目を触らないように十分注意して下さい。感染予防のために抗生物質のお薬を処方いたしますので、指示されたとおりにお使いください。

レンズが目の中で割れてしまうことはありませんか?

目を強くこすったりしても、レンズが破損することはありません。目に強い衝撃を受けると破損してしまう可能性はありますが、いままでそのようなケースは一例もありません。

レンズが動いたり、外れたりしないですか?

前房型…日常生活の中で外れることはほとんどありませんが、目に強くものがぶつかった場合に外れてしまうことがあります。もし万が一レンズが外れてしまった場合は、すぐに再固定の手術が必要です。何かが目に強くぶつかったり、見え方が急に変わった場合は、クリニックまでご連絡ください。
後房型…レンズが入っている部分の構造上、レンズが日常生活の中で外れることはありませんが、レンズが目の中で回転する形で動くことがあります。近視用や遠視用の場合は問題ありませんが、乱視用の場合は見え方が変わってしまうので位置の修正が必要です。見え方に変化があった場合はクリニックまでご連絡ください。

10年後、20年後以上に問題が生じることはないのでしょうか?

前房型…ヨーロッパで1986年から使われており、多くの臨床試験の結果、2004年に日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAの認可を得ている安全なレンズです。みなとみらいアイクリニックではすでに10年以上の経験あり、重篤な合併症は発症していません。しかしこれがさらに長期にわたる結論には結びつかないことも事実ですが、問題が生じる可能性は低いと考えています。
後房型…ヨーロッパで1997年にCEマークを取得し、2005年12月に日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAの認可を得ています。今までに全世界で12万件以上の手術が施行されていますが、まだ前房型ほどの長期的なデータがありません。将来的に問題が生じる可能性はわかりませんが、低いと考えています。

フェイキックIOLを受けても、将来、白内障・緑内障・網膜剥離などの手術は受けられますか?

すべて受けられます。ただし、白内障の手術の際は、フェイキックIOLをはずす必要があります。その他の手術も、場合によってはフェイキックIOLをはずす可能性があります。

フェイキックIOLの適応について

前房型と後房型のどちらのタイプの方がよいのでしょうか?

その方の目の形や度数によって適したタイプを選択しています。それぞれに特徴があり、どちらのタイプの方がすぐれているということはありません。

フェイキックIOLは誰でも受けられますか?

適応検査で問題がなく、20歳以上の方であれば年齢に上限なく受けられます。
フェイキックIOLが適さない方の目安としては以下の内容です。
■屈折異常(近視・遠視・乱視)以外の原因で視力が低い
■角膜内皮細胞の数が極端に少ない
■白内障・緑内障など、目の病気がある
■前房、または後房の幅が狭い
■全身の病気 (重篤な糖尿病、膠原病など) がある
■妊娠または授乳中 (ホルモンバランスの関係で屈折力が変化したり、感染症予防の薬が使用できない場合があるため)
■年齢が20歳未満 (体が成長している間は、近視がまだ進む可能性が高い)
■医師の説明を理解できない
■屈折矯正手術が許されない特殊職業に就いている

フェイキックIOL後の生活について

手術後は一人で帰れますか?

手術当日は、炎症や手術中に使用した薬剤の影響などで多少ぼんやり見えていますが、帰宅時は保護メガネを装用していただくだけで眼帯を使用しませんので、お一人でも大丈夫です。足元に注意してお帰りください。

手術した目に痛みがある場合にはどうしたらよいですか?

すぐにクリニックまでご連絡ください。

手術後は眼帯をする必要がありますか?

手術後1週間は、ほこりや予期せぬ衝撃から目を守るために、外出時には保護用のメガネやサングラスを、就寝時にはクリニックからお渡ししている透明なプラスチック眼帯を使用してください。

目をこすっても大丈夫ですか?

手術後1週間ぐらいは傷口が完全にふさがっていないので、特にこすらないように気をつけて下さい。傷が治った後は、目をこすった程度でレンズが外れたり傷がつくことはありませんが、もともとこすることはあまり目によくないので、なるべくこすらないように気をつけて下さい。

仕事はいつからできますか?

手術日を含めて3日間程度は休める環境をつくってください。戸外でのハードな仕事等は医師にご相談ください。

お化粧はいつからできますか?

翌日検査が終わった後から、アイメイク以外のお化粧が可能になります。アイメイクは手術後1週間まで控えてください。

スポーツはいつからできますか?

すべてのスポーツは、手術後1週間控えて下さい。ジョギング、ゴルフなどの軽いスポーツは、1週間検査で問題がなければ始められます。目をぶつける可能性のあるスポーツ(格闘技・球技など)や水泳は、1ヶ月ぐらい控えて下さい。

レンズが入っていることが周りの人にわかりますか?

コンタクトレンズと同等です。かなり接近しないとレンズは見えません。

虹彩切開術について

虹彩切開術とは何ですか?

レーザーで虹彩(茶目の部分)に小さな穴を開ける処置です。フェイキックIOLが目の中に入ることによって、目の中を循環している房水(目の中の水)の流れが悪くなる可能性があります。万が一の際は緑内障の発作を起こす危険性がわずかながらあるため、手術前にあらかじめ虹彩に穴を開け、房水の流れをよくしておきます。

虹彩切除術にかかる時間はどれくらいですか?

レーザーの処置自体は数分程度ですが、処置前に点眼などの準備があるため、目安として全部で1時間前後です。

虹彩切開術は痛いですか?

レーザー照射中は点眼麻酔が効いているので、痛みを感じることはほとんどありません。麻酔が切れた後は、数日間ごろごろしたり、充血がでる場合がありますが、自然に消失します。

虹彩に穴を開けても大丈夫ですか?

もともと緑内障の予防や治療としても行われている処置なので、問題ありません。

虹彩切開術に合併症はありますか?

■点眼薬の影響
処置前の点眼薬により、充血や頭痛、見え方が暗く感じることがありますが、数時間で消失します。
■処置中の痛み
まれに鈍い痛みを感じることがあります。
■異物感・充血
処置後数日間ゴロゴロしたり、充血が出ることがありますが、自然に消失します。
■眼圧の上昇・炎症
処置後切開した虹彩の色素細胞が眼内に飛び散り、一時的にかすみや眼圧の上昇が起こりますが、点眼薬により改善します。
■まぶしさ
切開した穴から光が入り、まれにまぶしさを感じたり白い線が見えることがあります。
■角膜障害
ごくまれに長期経過後に角膜障害が発症することがあります。

虹彩に開けた穴がふさがってしまうことはありますか?

まれに穴がふさがってしまうことがありますが、基本的に処置をした箇所はそのまま開いています。