白内障手術

眼内レンズの種類

白内障の手術時に水晶体の代わりに目の中に挿入する眼内レンズ(人工水晶体)は、メガネやコンタクトレンズのように度数が入れられるので、白内障の手術を受けるだけで近視・遠視・乱視をある程度矯正することができます。眼内レンズは、半永久的にレンズの交換やメンテナンスの必要がありません。最近のレンズは柔らかいアクリルレンズで、小さく折りたたんで3mm弱の切開創から眼内に挿入できるため、後で縫合する必要もなく、手術後に合併症を起こすことは大変少なくなっています。
眼内レンズの種類は大きく分けて、単焦点眼内レンズ(monofocal-IOL)・多焦点眼内レンズ(multifocal-IOL)の2種類があります。

単焦点眼内レンズ (monofocal-IOL)

調節可能眼内レンズ単焦点眼内レンズは、もっとも一般的な白内障手術用眼内レンズで、保険診療の白内障手術の際に使用されています。水晶体にはそれ自体が膨らんだり縮んだりすることでピントを合わせることができる調節力がありますが、単焦点眼内レンズには、その調節力がありません。その名のとおり、白内障手術を受けると焦点が1ヶ所にしか合わなくなります。例えば、遠くが見やすいように合わせると、新聞や携帯の画面などがぼやけて見えづらくなります。ほとんどの方が生活しやすいように遠くにピントを合わせるように希望されており、白内障手術後に近くを見る時には、度の強い老眼鏡が必要になっています。

単焦点眼内レンズは健康保険の適応で手術費用が安くなりますが、みなとみらいアイクリニックは自由診療のクリニックのため、取り扱いしておりません。単焦点眼内レンズをご希望の場合は、同医療法人の"クイーンズアイクリニック"へお問い合わせください。見え方

多焦点眼内レンズ (multifocal-IOL)

多焦点眼内レンズは、光の性質(屈折や回折)を利用して、遠くと近くの2箇所に焦点が合うように設計されています。白内障手術後になるべく老眼鏡を使いたくない、という方におすすめです。健康保険の適応外になるため、手術費用は高額になりますが、遠くも近くもある程度メガネなしで生活出来るようになります。
近くの見え方の目安として、30〜40cmの距離で新聞やメニュー程度の大きさの文字が読めるようになります。それ以上の小さい文字や物などを見る際には、老眼鏡が必要になります。また、多焦点眼内レンズの中でもレンズの種類によっては、夜間の街灯や車のライトが手術前よりまぶしく感じられるようになります。(程度には個人差があります)見え方


それぞれの眼内レンズの種類のメリットとデメリット

メリット

単焦点眼内レンズ

  • 健康保険の適応なので、手術費用が安い。
  • 焦点を合わせた距離がはっきり見える。
  • 夜間の光のまぶしさやにじみが出ない。

多焦点眼内レンズ

  • 遠くも近くもある程度メガネなしで見える。

デメリット

単焦点眼内レンズ

  • 遠くが見やすいように合わせた場合は老眼鏡が、手元が見えるように合わせた場合は遠く用のメガネが必要になる。

多焦点眼内レンズ

  • 夜間や暗い場所で、街灯や車のライトがまぶしかったりにじんで見える(通常は日常生活に影響しない程度)。
  • 近くは30〜40cmの距離でものが見やすいように設計されており、それ以上近づけたり離して見ると見えにくくなる。
  • 薄暗い場所では、文字などが見えにくい場合がある。
  • 辞書などの小さい文字などを見る際には、老眼鏡が必要になる。
  • 視力が安定して自然な見え方になるまで3〜6ヶ月かかる場合がある。
  • 健康保険の適応外なので、手術費用が自費になる。