遠方から来院される方へ

手術を考えているが、自宅が遠いので何度も通えないというご相談を多くいただいております。遠方(日帰り通院が難しい地域)から来院される方向けの手術前後のスケジュールについて、下記をご参照ください。なお、当院には入院施設等はございません。ご希望の方には近隣のホテルをご紹介致しますので、受付までお申し出ください。

レーシック・老眼治療をご希望の場合 (多焦点眼内レンズの老眼治療を除く)

適応検査の結果、レーシックや老眼治療が不適応になってしまう場合もありますので、まず適応検査にご来院ください。手術の適応を確認されてから、手術予約、ホテル・交通機関の手配をされることをお勧め致します。手術の際は、通常手術日の2日前から1週間前の間に行う最終検査を手術の前日に行い、最終検査から手術翌日の検査まで2泊3日のスケジュールが最短になります。スケジュール

その後、1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、年に1回と定期検査が続きます。
手術後の経過が順調であれば、地元の眼科で定期検査をお受けいただくことも可能ですが、移行時期は医師と相談の上、決定します。(アキュフォーカスリング・raindrop(レインドロップ)の手術を受けられた方は、定期検査は当院に通ってください)

フェイキックIOLをご希望の場合

まず、ハードコンタクトレンズを装用中の方は4週間以上、乱視用ソフトコンタクトレンズの方は1週間以上、ソフトコンタクトレンズの方は3日以上装用中止後に適応検査をお受けいただき、翌日に再検査及び虹彩切開術を行います。虹彩切開術後のチェックは、患者さまの地元でご紹介出来る眼科があれば、そちらでお受けいただくことができます。スケジュール

その後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、年に1回と定期検査が続きます。
手術後の経過が順調であれば、地元の眼科で定期検査をお受けいただくことも可能ですが、移行時期は医師と相談の上、決定します。

多焦点眼内レンズ(白内障手術)をご希望の場合

まず、ハードコンタクトレンズを装用中の方は4週間以上、乱視用ソフトコンタクトレンズの方は1週間以上、ソフトコンタクトレンズの方は3日以上装用中止後に適応検査をお受けいただき、翌日に再検査を行います。手術後は数日間眼帯を装用するため、手術は片眼づつ行います。手術と手術の間は、約1週間空けます。スケジュール

その後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、年に1回と定期検査が続きます。
手術後の経過が順調であれば、地元の眼科で定期検査をお受けいただくことも可能ですが、移行時期は医師と相談の上、決定します。